Invitation

Chères clientes, Chers clients,
親愛なる御客さま

Si(もしも)...
貴台が所謂仏蘭西国有名メゾンの商品を、或いは万国の美食を知り尽くし旨味しさの程度の天井、方程式のやふなものが視えてしまった、以降噂に聞くものを口にしても想像を超えなくなってしまった食の デカダン若しくは厭世家となるに至ってしまったならば尚更、貴台にこそ立ち寄っていただきたいお取り寄せグルメエピスリにて候ふ

残酷なまでに麗しく絶望的に美味なるものだけが貴台の其手を取り誘って浚ってしまうことのできる歓天喜地禁断の域

 

太陽、 自然から能う限り気を衒わずくみ採られたストレートで己に濃過ぎるまでの天然の生成物、生命力の色素、その土地ならではの風土の味。それらを生粋に活かす人の知恵と手間隙により生み出される産物。細胞が覚醒される恍惚を知ったが最後、体は再び最上級のセンセーションのみを欲する不幸。しかし絶望的感動と余韻の先に残る片笑み

殆どの人は桃源郷へは行かずそれぞれの場所で各各の天寿を全うする。 どんなに優れた食も薬も人はぞれぞれの老いと朽ちへの抗いに克たせてはくれない。しかし未だ生きている今日、どんなに悲しくても無気力でも渇きを癒やす必然に駆られる。文明立ち栄ゆ賑賑しき日も門前雀羅滅び逝く日も矢張りポーカーフェイスな青空の下、世が飲水に飢えば、たかが葡萄酒をワインに仕立て上げて来た父親。そういふところが嫌いだとその息子は言ふ。あなた達どちらもフランス人だ。

オーガニック農法やナチュラル製法に明るいスタッフと旨いのであらば毒を食らうことさえ厭わないどちらかと謂えばエピキュリアン質であったスタッフが知名度や通念に惑わされることなく美味しいものを追求しフランス四方八方辺縁の地まで行き通いてみて出会った人々をあの手この手で口説き落とし(何度でも何度でも交渉し)持ち帰った所産が必然か偶然か図らずもそういうものだったというだけ。


食を媒体とし託されゆくりなく漲る力が諦めた抜け殻さえ突き動かす。
欲しいと望む力、手に入れる為に再起動し冴え求め踏み出す脳と手足。
希望の先に現れるものは何だろう。
自分以外の人に訪れる現象を知りたい聞いてみたく仕方がない。

だから

engagements...

圧倒的美味しさ、何かしらの要素に於いて裏切りと感動、唯一無二の存在感がなければ扱わないと自ら縛ってしまった。しまった、不自由だ。不自由の不幸だ。しかも生産者が生産に集中でき、品質レベル保持に於いて理想的な生産リズムを乱さない注文システムを約束してしまった ...
それにしてもなんと不自由な品揃え、フランス国内に於いても入手困難なものばかりではないか!

かくなる上は、慎重且つ機知に富む分別知に長けたスタッフと堅忍不抜若しくは(大胆不敵破廉恥ともいふ)スタッフが、 関わった来た人々に託された知恵と巡検と心意気を己の身を介し惜しみなく注ぐまで

日仏両国の規定上可能な限りシンプルに受け取って頂ける為の商品の形態、量、料金設定、組み合わせ、お支払方法、手順を追求し且つ美味しさに妥協を赦すことなくご提供させて頂きたく
フランスからお取り寄せグルメをご用意致しました

“仏欄西国各地の風土 エトスとカルチュア”   “太陽とめぐる季節の恵み”  “人の丹精の妙 めくるめく愛と辛辣”  “胸の高まり”  “絶望的至福”  を存分に味到あれ

先ずはガリペの暖簾を潜って冷やかしてみるより他ない

それではそろそろ参りませふ

コレヨリ先ハブティックガリぺニテ探究アレ