Pyrénées Atlantiques ピレネー・アトランティック地方

ピレネーアトランティック地方県庁所在地ポーの駅に降り立つと滔々と淀みなく豊富な水量を得々と、水簾に出迎えられ水豊かな郷であることを了知する。
フランスでは初めて耳にした落水の音を懐かしく浴びながら御浄め御浄めと小橋を渡る。

駅前のフェニキュレール(ケーブルカー)で繁華街へと直ぐに通じるロワイヤル広場へ昇り着き振り返ると雄大なピレネー山脈が一望できる。
パノラマとはこのことだ。麓の濃き碧き緑と九重の天の蒼との間、山肌を清明未だ五分以上残雪が覆う白岳に雪解けの豪水を想像してみて駅前の川の水量を解す。

広場を突っ切って街中へ向かう際、アンリ四世の像に気をつけなければ。彼のウインクをなんとかすり抜けなければ。目が合えば男でも受胎させられるとかさせられないとか謂われるフランス版好色一代男アンリ四世。ブルボン朝初代のフランス国王。この地方に生まれた子供達はほぼ全員彼の血を引くとも謂われる。義父ロベール・アンリも然り、年代を越えて女性にモて男性にも兄のように慕われ続けた人だった。口先三寸侯爵の少なくないパリジャンと違い、この地方の男性には昔人今人老若を問わず太く厚いハートと頼り甲斐がある。

ダルタニャン、三銃士、シラノ・ド・ベルジュラックそしてル・ヴェール・ギャラン。
ギャランはモテる男の代名詞。フランスの愛と武勇伝、男のロマンはここから始まる。そしてフランスの佳肴、膏梁の、特に雄偉なる食文化の歴史も亦この地を源泉とする。
私共ガリペスタッフが巡検中に出会った人達に託された彼等自信と彼等の先祖の思い出や食に関する記憶を、愛と辛辣の逸話を交え惜しみなく此処に注ごう。

美食水準の高いこの地方だからこそ悩ましいけれど、ストイックに軽やかに、選りすぐりの品だけをご紹介させていただきます。


商品紹介

「大人スウィーツ」パニエ

Hypocras
ワインと砂糖の融解、果実、草、樹 、花、スパイス...其の世界では万物がデフォルトで最上質から成る。巧緻を極めた調合の魔法陣。アルコールがピアニッシモのタッチで喉を撫でるとヴェルヴェットの廻廊の燭台に火が灯る。オリエンタル オクシタン トルバドゥール吟遊詩人達の北上と南下、四次元でローリングする走馬灯、フェルマータの余韻。これ程まで完璧なゴシックでありながら清々しくもある。
Hypocras Bonbons pépites
小柄な飴よと侮るなかれ。寸半玉を口に投げ込んだ途端、Hypocrasの妙味の全てが星になって打ち上がり、同心円状に幾重にも大輪の花を咲かすトランジスタグラマー・キャンディーです。
Bonbons cur au Jurançon Boîte liège grand cru 180g  ジュランソンワインのキャンディー 
キャンディーの中心からジェルがトロッと! Jurançon ワインの香りと風味が溶け出してお口の中に広がります。ワインだからお酒が強くなく柔らかく味を楽しめます。コルク素材の容器に入ってオシャレです。
HARICOTS ASSORTIS
ピレネーアトランティック地方の名産品として有名なインゲン豆をヌガークランチ模ってチョコレートとホワイトチョコレートでコーティングしたお菓子。カリッとした歯ごたえと口の中で溶けるヌガークランチとチョコレートの美味しさで止まらなくなります。
Confiture artisanal extra d'Ananas Rhum Cannelle 360g
ラム酒とシナモン入りのパイナップルジャム
今回は種類豊富なジャムの中からちょっと個性的であるけど美味しくて最後まで楽しめるものを選びました。 まずはAnanas Rhum Cannelle はパイナップルの果肉がゴロゴロ入っていて、その果肉の旨さをラム酒とシナモンの風味が程よくアシストしているちょっと大人なジャムです。
Confiture Spécialités de Fruits Artisanales de Pyrénées Pommes au Caramel Beurre Salé 360g
ピレネー地方のスペシャリテの林檎の塩バターキャラメルジャム
ピレネー地方のスペシャリテの林檎の塩バターキャラメルジャムPommes Caramel Beurre Sale は塩キャラメルとアップルが融合し2つのおいしさが引き出されたジャムです。
Mr. Laurentのビスケット デニールナバラ
デニールナバラは、アンリ4世の肖像と、16世紀後半に鋳造された硬貨に触発された、ユニークなビスケットです。サクサクとしたビスケットを頬張るとジュランソンワインAOCの香りが広がる中、Salies-de-Béarnの塩の粒がアクセントとして現れる。甘さと塩辛さが交互にやってくる感じがたまらなく美味しい。4枚ずつの個包装になっているのでサクサク感が保たれています。
Croix du Prince 2011 75cl 100% petit manseng vieilli en fût de chêne
プリンスの十字架
ジュランソンを何百本と飲み倒したベアネー 、 通達をも黙らせた"Croix du Prince 2011" プリンスの十字架 です。 Croix du Princeはグロマンサンよりも肌理の細かい甘味が特徴のプティマンサンを100%使用。樹に生ったままの実が干し葡萄状化してくるまで収穫期を遅らすパスリヤージュ手法により甘みの質を濃化。但、最後期翌年明けではなく敢えて11~12月でパスリヤージュを寸止め。甘い顔立ちのまま凛々しく成長を遂げられるプリンスの生い立ちです。酸味とアルコールの鋭角は端整なアングルに、楢の木樽熟成ならではの芳醇さ、まろ味と爽涼感の兼備も見事に叶っています。
フォアグラのベストバディーワイン、シャンパンに優るとも劣らないデザートワインともいわれていますが、近年ではジュランソンを用いた硬派も唸らす斬新なレシピも誕生しタブーではなくなってきました。貴方の飲み方もいつか経典に載る日が来るやもしれません。
(注) 未成年者のアルコール購入はできません。

(注) 商品のラベルや容器のデザインはメーカーによりリニューアルされることがあります。